流星群

2020年は好条件!とびきりキレイな「ふたご座流星群」を見に行こう!時間や方角よく見える場所をご紹介

ふたご座流星群、ご存知ですか?

12月にみられる年間3大流星群のうちのひとつです。

ふたご座流星群は3大流星群の中でも流星の数にムラがなく、ほぼ確実に多くの流星を観察することができます。季節も空気が澄んでいる冬なので、よりはっきり見ることができます。流星群をはじめて見る方にもおすすめの流星群です。

さらに2020年は15日が新月の為、月あかりの影響を受けにくく、かなり好条件で観察することができます。

2020年の締めくくりの12月の夜に、女の子同士で、カップルで、家族で、ふたご座流星群の星に願いをかけにいきませんか?

Sponsored Link

ふたご座流星群とは?

学名:Geminids(ジェミニ)毎年12月の中旬に活動が活発になる流星群です。

1月のしぶんぎ座流星群・8月のペルセウス座流星群と共に「3大流星群」と呼ばれています。

その中でもふたご座流星群は多くの流星群を見ることができます。

3大流星群の名前 極大※1 特徴
しぶんぎ座流星群 1月2~4日頃 流星の出現数にムラがあり、観測するのが難しい流星群。
ペルセウス座流星群 8月13日頃 年間でも1.2を争う流星の数を誇ります。
夏休みの時期なのでに家族で見られます。
ふたご座流星群 12月14日頃 毎年ほぼ安定して多くの流星が見られます。
年間最大の流星群です。

※1いちばん流星群が多く見える時

どの方角を見ればいいの?

出典:国立天文台 天文情報センター

ふたご座流星群の放射点※1は、ふたご座のα(アルファ)星カストルのあたりです。

※1 放射点=放射状に飛び出してくるように見える中心の点です。放射点の高度が高ければ高いほど多くの流星が見られます。

流星は放射点を中心に空全体に放射状に出現します。なので空全体を見渡すように観察してください。

どのくらい見えるの?

※音が出ます

2018年のふたご座流星群の様子です。

北海道・福島・山梨でLIVE配信されたウェザーニュースの流星が流れるタイミングだけを集めた動画です。

このような流星が、極大期に条件がそろった場所・時間帯で、1時間に約45個の流星を見ることができます。

Sponsored Link

いちばんよく見える場所

町や建物の明かりが少なく、さえぎるものがない空が広く見渡せる広い場所が観察に適しています。

都会から離れた場所

  • 高原
  • 海辺

標高の高い山の開けた場所や、都心部から遠い海辺などが絶好の観察スポットになります。

街の明かりが多い都会では

  • なるべく明かりを避けた河川敷
  • 街の明かりから遠い丘の上

遠征ができないという方は、街の中でもなるべく街頭や光、高いビルを避けた広く開けた場所で観察しましょう。

 全国星空スポット7選

【北海道】銀河の森天文台 詳しくはコチラ

【福島県】鹿角平天文台 詳しくはコチラ

【新潟県】南大平ダム湖公園(キャンプ場) 詳しくはコチラ

【神奈川県】箱根ビジターセンター 詳しくはコチラ

【長野県】国立天文台野辺山 詳しくはコチラ

【大分県】久住高原 詳しくはコチラ

【沖縄県】波照間島星空観測タワー 詳しくはコチラ

全国には信じられないくらいたくさんの美しい星空を見ることができる場所があります。

行けるのならばぜひこちらで見てほしいです。

いちばんよく見える日時

いちばんよく見える日

12月4日~12月17日頃で、極大は12月14日頃です。

いちばんよく見える時間

13日の夜から14日の明け方にかけての午後9時~午前4時頃です。

流星群は午後8時頃からちらほら現れ始め、本格的に出現する時間は午後10時頃から真夜中を過ぎた頃に最も数が多くなり、空が明るくなり始めるまで流星を見ることができます。

午前2時には放射点がほぼ天頂にくるので、星がまるで空から降ってくるように感じます。

流星が流れる間隔は一定ではないので、最低15分は観測するようにしましょう。長く見ていれば見ているほど流星群を多く見ることができます。

またスマートフォンなど明るい画面を見ていると目が暗闇に慣れないのでスマートフォンはしまって暗闇に目を慣らしましょう。

Sponsored Link

ふたご座流星群観察の持ち物

あると便利なもの

星座早見盤:放射点の位置を確認したり、他の星座を見つけたりするのに便利です。

レジャーシート:空を広く見渡せるようにできれば地面にレジャーシートをしいて寝転がって見てみましょう。


こちらは厚手・防水・断熱のレジャーシートで、地面の冷たさやごつごつを和らげてくれる3層構造のしっかりとしたシートです。

あたたかい飲み物:観察時期は12月なので水筒に温かい飲み物を入れて持っていきましょう。

体が冷えないように温かい飲み物を飲みながら流星を見ましょう。

 お菓子:観察時間が深夜になってしまうこともあるので小腹がへった時のためにお菓子も持参していきましょう。

必要ないもの

望遠鏡や双眼鏡:流星群はスポット的に現れるものではなく、放射点を中心に空いっぱいに出現します。望遠鏡や双眼鏡は視界を狭めてしまうので肉眼で観察しましょう。

寒さ対策リスト

ふたご座流星群の観察時期は12月。屋外での観察は相当寒いです。風邪をひいたり体調を悪くしないように寒さ対策はしっかりしていきましょう!

冬の装備一覧 これだけあれば相当大丈夫!
ダウンコート 保温力の高いダウンコートを着ていきましょう。
あったかインナー コートの下もあたたかいインナーを重ね着していきましょう。
ユニクロのライトダウンでもいいですね。
ニット帽 頭の寒さを防ぎます。
イヤーマフ 耳を外気から守ると、とてもあたたかいです。
耳は外に出さないようにしましょう。
マスク 口と鼻を冷たい空気から守ります。2枚重ねだともっとあたたかいです。
ネックウォーマー 冷気が入る首もとを外気から遮断しましょう。
手袋 指先は末端なので冷えやすいです。手袋で防寒しましょう。
マフラー ネックウォーマーで外気を防いだあとにさらにマフラーで防寒します。
ホッカイロ 腰やお腹に貼るといつまでもあたたかくいられます。
レッグウォーマー ダウンのレッグウォーマーは最強です。足元はスノーブーツに
レッグウォーマーで防寒しましょう。
断熱用マット(プチプチ) レジャーシートにさらに断熱用マット(またはプチプチ)
を敷くと地面の冷気をシャットアウトできます。
Sponsored Link

思い切ってツアーに申し込もう!

思い切ってリゾート地で旅行を楽しみながら、また登山をして山頂でふたご座流星群を見る自由きままにお一人様でも行ける講師が同行してくれる本格的な写真撮影など目的別にツアーがいろいろあります。

自分にぴったりなツアーを見つけてふたご座流星群を楽しみましょう!

詳しくはコチラ⇒クラブツーリズム

まとめ

いかがでしたでしょうか?あまり知られていないかもしれないですが、ふたご座流星群は1年で一番の夜空の天体ショーです。

忙しい日常を忘れてこの時期だけはロマンチックな星空を眺めてみませんか?

空を見上げて、降りそそぐふたご座流星群を見て癒されてください!

 

Sponsored Link
スポンサードリンク



-流星群
-, , , , , , , , ,

© 2022 おでかけLet's Go!