お役立ち

マットレスが破れた!穴が開いた!自分で簡単補修してみたよ

猫とマットレス

2~3年使っているマットレスに、穴が開いたり破れているのを発見しました!(しかも複数)

マットレスを包んでいる布はとても繊細です。

中身が見えてきてこれ以上ひどくなるのは絶対避けたい!

 

買い替えるには早すぎるし、修理と言っても外注したら高そうだし、今回は自分で補修をしてみました。

自己流ですが、なかなかうまくできたのでご紹介します。

Sponsored Link

使用したアイテム

使用アイテム

マットレスの破れや穴を修理したアイテムは、以下の4点です。

  • 布地のホツレ止め液
  • 補修布
  • はさみ(補修布を切る用)
  • アイロン

布地のホツレ止め液

ほつれ止め液

ほつれ止め液詳細

100円均一(セリア)で購入しました。

  • 裁断後の布地の裁ち目のホツレ防止に
  • ビーズのデグスの結び目補強に
  • ボタンの補強やストッキングの伝線止めに

マットレスの生地はとても繊細で、破れや穴の状況を見るとストッキングの伝線に似ていたのでこちらを購入しました。

補修布

補修布生地

補修布裏面

一番重要なマットレスの布地をカバーする補修布は慎重に選びました。

「KAWAGUCHI カンタン接着 補修布 薄地ストレッチ用」です。

薄地のストレッチ素材で、アイロンの熱で簡単に接着できるところがポイントです。

Sponsored Link

補修の手順

1.ホツレ止め液で補修

ほつれ止め液使用

まず、念には念を入れて補修布をつける前にホツレ止め液で穴や破れ、電線部分や引っ掛け部分に塗っておきます。

ほつれ止め液はサラサラの透明の液体です。

補修布をつける2~3日前にホツレ止め液をつけて完全に乾かしておきましょう。

2.補修布を破れ・穴に接着

破れ部分

破れ

派手に破れていて中身が飛び出ています。

事前にホツレ止め液で表面を固めています。

破れに補修布を置く

破れの二回りほどの大きさに切って角をアールに(丸く)切り取ります。(はがれにくくするため)

アイロンで接着

当て布を当ててアイロン(温度は中温)15秒~20秒押し当てます。

接着後

張り付きました。(ネコの毛が乗っています。すいません。)

ギュッと押してみる

グッと押してもストレッチが効いていてピッタリ張り付いています。

Sponsored Link

穴部分

穴

中央に穴が開いて左右に伝線しています。

こちらも穴と電線に事前にホツレ止め液を塗っています。

穴 補修後

穴を中心に大きめに切って補修布を貼り付けます。

電線部分は全部はカバーしていません。

その他の部分

補修箇所いろいろ

穴や破れは起きていないけど「引っ掛け」で少し糸が飛び出している気になる部分も小さく切った補修布を当てていきます。

補修後

補修後マットレス

補修完了です。

時間的には30分ほどで、思ったより簡単にできました。

かかった費用は500円ほどでした。

ストレッチ素材の補修布がとてもいい仕事をしています。

マットレスが破れてしまったり穴が開いてしまった時の補修の参考にしてくださいね。

このマットレスの詳細

シーリー チタンコレクション エバンス2です。

ふわふわで優しい寝心地なのに、芯でしっかり支えてくれる高級ホテルのベッドの寝心地です。

Sponsored Link
スポンサードリンク



-お役立ち
-, , , , , ,

Copyright© おでかけLet's Go! , 2020 All Rights Reserved.