この記事には広告が含まれています。

【水戸の梅まつり2023】に行こう!見頃はいつ?開花状況&アクセス&駐車場情報をご紹介

偕楽園梅

今年127回目となる水戸の梅まつり。

メイン会場となる偕楽園は、金沢の兼六園、岡山の後楽園とともに

日本三名園のひとつに数えられる梅の名所となっています。

 

広大な園内には約100種類3,000本の梅が植えられており、

梅の品種が多いため、早咲き・中咲き・遅咲きと、

長い期間に渡って梅の花を楽しめるのが特徴です。

 

サブ会場となる水戸藩の藩校では、弘道館を会場に水戸の梅まつりが開催されます。

こちらでは約60種類800本の梅の花を観賞することができます。

 

まつり期間中には、野点茶会、ひな流し、夜梅祭なども楽しめ、

大人気のライトアップイベントでは花火もあがります。

絶景とも言える、広大な庭園にひしめく梅の花をぜひ見にいきましょう!

広告

開催日

2023年 2月11日(土)~3月19日(日)

開催場所

偕楽園(メイン会場)

弘道館(サブ会場)

開園時間

偕楽園(メイン会場)

6:00~19:00

※時期により時間が異なるほか、催事により変更となる場合があります。また、好文亭は時間が異なります。

弘道館(サブ会場)

9:00~17:00

※催事により変更あり

料金

偕楽園(メイン会場)

  • 大人300円
  • 小人150円
  • 満70歳以上150円

※好文亭観覧料は別料金

弘道館(サブ会場)

  • 大人400円
  • 小人200円
  • 満70歳以上200円
広告

開花状況

開花状況はこちら

上記をクリックすると、下の写真のようなページが開きます。

梅の開花状況

ライトアップ・イベント

「夜・梅・祭2023」

幻想的な夜のライトアップを行います。

偕楽園

第二夜 偕楽園のイメージ

  • 第一夜 2月25日(土)17:00~20:00 水戸城跡
  • 第二夜 3月4日(土)17:00~20:00 偕楽園

おもてなし花火~Bloom Mito~

梅と花火が楽しめる夜です。

花火

  • 2月25日(土)19:50~ 水戸城跡
  • 3月4日(土)19:50~ 偕楽園 猩猩梅林周辺

梅まつりの様子

 過去の梅まつりの様子

会場周辺の有料・無料駐車場

駐車場

出典:mitokoumon.com

詳しい駐車場情報はこちら

広告

アクセス

車で

偕楽園へのアクセス

常磐自動車道水戸IC、北関東自動車道茨城町東IC・水戸南ICより約20分

弘道館へのアクセス

常磐自動車道水戸ICより約30分

電車で

偕楽園へのアクセス

JR水戸駅下車、北口バスターミナル4番・6番のりばから約20分。

梅まつり期間中の土日祝日には、JR常磐線下り線に偕楽園臨時駅が開設される予定です。

詳しくはこちら(PDF)

弘道館へのアクセス

JR水戸駅下車、北口から徒歩約8分。

※途中坂道があります。ご注意ください。

水戸駅からバスで偕楽園へ

【乗車時間】約20分

【運賃】240円

北口4番乗り場から(茨城交通バス)

好文亭表門まで〕利用の場合
◆「好文亭表門入口」車、徒歩約5分。
◆「歴史館・偕楽園入口」下車、徒歩8分。
東門まで〕利用の場合
◆「偕楽園東門・常磐神社北参道」または
「偕楽園・常磐神社前」下車、徒歩3分。
※系統により降車バス停が異なります。ご注意ください。

時刻表・経路検索はこちらから→茨城交通

北口6番乗り場から(関東鉄道バス)

東門まで〕利用の場合
◆終点「偕楽園」下車、徒歩5分

時刻表・経路検索はこちらから→関東鉄道

お問い合わせ

●一般社団法人 水戸観光コンベンション協会

029-224-0441

●公式ホームページ

https://mitokoumon.com/festival/ume.html

広大な庭園をたっぷり楽しむなら宿泊も!

偕楽園と弘道館で行われる梅まつり。

庭園がとても広いので1日では全部見きれない…。

そんな時はぜひ泊まってみては?

たくさんのお宿から選べる宿泊予約サイトをピックアップしました。

じゃらん

国内最大級の「じゃらん」で湯河原駅周辺の宿泊施設を調べてみました。

予約プランに応じてpontaポイントもたまります!

弘道館・偕楽園周辺のホテルはこちら

 

AD
(Visited 69 times, 1 visits today)
スポンサードリンク



-
-, , , , , ,

© 2024 おでかけLet's Go!